健康な赤ちゃんを生むために飲まないほうが良い薬【市販品でも要注意】

妊娠中に気をつけるべき薬の服用時期【妊娠に気づく前なら安心】

妊娠中の薬トラブル

妊娠は本人もすぐに気づくことはできません。妊娠特有の初期症状が現れたとしても、たまたま調子が悪いだけだと考えてしまい、妊娠に気づかずに薬を飲んでしまうことがあるのです。もしも妊娠に気づかずに薬を飲んでしまった場合、どのように対処をするべきでしょうか。

妊娠中の薬の服用に関するクエスチョン

まだ妊娠2ヶ月で、妊娠に気づいていなかったということもあって、薬を飲んでしまいました。お腹の子に影響してしまうのでしょうか?
一度や二度薬を口にしたからといって、すぐに赤ちゃんに悪影響が現れるということはありません。薬を服用すると胃腸で消化され、薬の成分が血中に入ります。胎児は胎盤から母体の血液を介して栄養を得ますが、その際に血中に含まれる薬の成分が胎児へ取り込まれることがあります。ここで重要となるのが薬剤の血中濃度であり、よほど毎日大量に薬を飲み続けていない限りこの血中濃度は低いため、胎児への影響も小さいのです。むしろ、薬を飲んでしまったことを気にしすぎてしまい、強いストレスを感じ続けることの方が、赤ちゃんにとって大きな問題となります。妊娠に気づかずに薬を飲んでしまったとしても、たちどころに影響が与えられるわけではないので、安心してください。
私は重度の花粉症で目薬や鼻水を抑える薬を服用しています。やはり妊娠中は使用するのを控えた方がよいのでしょうか?
花粉症も重度となると実生活にも大きな影響が現れるため、花粉症の薬が手放せないという人は多くいるでしょう。飲み薬の場合、種類によっては胎児に影響が現れる薬もあるので、服用し続ける場合は医師に継続使用が可能かどうかを尋ねましょう。また、点鼻薬や目薬といった局所に投与する薬は、飲むタイプの薬よりは影響は低いものの、問題なく使えるとは限りません。「プラノプロフェン」と呼ばれる成分が含まれている場合、奇形や早産などのリスクが現れる可能性がるため、この成分が含まれている薬を使用するのは避けましょう。また、妊娠が発覚したからといって、日常的に使っていた薬の服用を中止するのは問題となります。薬は自己判断で使用をストップすると、逆に悪影響が現れる場合もあります。決して自分1人で判断せず、専門の医師に相談するようにしましょう。

状況によっては薬の服用を止める方が悪影響な場合もある

持病を抱えている妊娠中の方は担当のドクターに相談しましょう。(産婦人科医)

薬は赤ちゃんに影響を与える可能性がありますが、妊娠が発覚して薬の使用を中断した場合、逆に赤ちゃんの成長に大きな悪影響が現れる場合もあるため注意しましょう。使用の中止によって大きな影響が現れる薬といえば、甲状腺機能低下症の薬です。甲状腺機能低下症となると、甲状腺のホルモン量が減少するため、甲状腺ホルモン製剤によってホルモンバランスの調整を行ないます。お腹の中の赤ちゃんは、お母さんからの甲状腺ホルモンを使って成長します。もしも甲状腺ホルモン製剤の服用を中止すると、母体の甲状腺のホルモン量が下がるため、赤ちゃんの成長に影響が及ぼされてしまうのです。甲状腺機能低下症のために毎日薬を服用しているという人であれば、きちんと主治医の先生に服用を続けるべきか相談しましょう。

妊娠中の薬の服用【時期によって注意するべきポイントは変わる】

妊娠の時期によって、赤ちゃんへの影響の大きさは異なるものです。薬を飲んでも影響が少ない時期、または服用を避けるべき時期とはいつなのでしょうか。

妊娠時期別に見る薬の影響

妊娠超初期

妊娠して4週未満であれば、薬を服用したとしてもほとんど影響はありません。特に妊娠3週目以内であれば、まだ子宮に着床していない段階であることもあるため、母体が摂取した薬の影響を受けることはないでしょう。4週未満であれば、妊娠をしていることに気づく人は少ないものです。妊娠を知らずに薬を服用することもあるでしょう。もしも服用した薬が体内に残りやすい成分であった場合、妊娠4週目以降に薬の影響を受ける可能性があるため、効果が残りやすい薬の使用は注意が必要です。しかし、市販の風邪薬や鎮痛剤であれば、体内に残り続けることはないので、この時期に服用したとしても問題はないでしょう。

妊娠初期

妊娠してから4週から15週の妊娠初期は、胎児の体が少しずつ作られる時期となります。この時期は薬などの影響を強く受けやすいため、薬の服用は最も注意しなければなりません。4週から7週目に掛けての時期は、中枢神経や心臓、手足などの重要な神経や器官が作られます。この時期に薬による強い影響を受けると、胎児の奇形などが現れる恐れがあります。妊娠8週から15週目に入ると、重要な器官はすべて作られるので、大きな影響が及ぼされることはありません。しかし、性器や口などが作られる時期であるため、薬の悪影響によって形状や機能性に障害が現れる場合があるのです。副作用が少ない市販の薬であれば、用法用量さえ守っていれば問題はありません。しかし、効き目の強い病院で処方されるような薬ですと、胎児に何らかの影響が現れる危険性があります。病院へ通院している場合は、妊娠していることを担当医に伝え、薬の処方について何らかの対策を行なってもらいましょう。

妊娠中期以降

妊娠してから16週から27週目は妊娠中期です。この時期に入ると器官や神経はすべて形成されているため、薬などの影響で奇形が現れるリスクは少なくなります。薬の影響を受けにくい比較的安全な時期ですが、用法用量を守らずに飲むと胎児に影響が及ぼされる恐れもあるため、薬の服用は正しく行なうようにしましょう。28週から39週目になると、妊娠後期となります。この時期になると、妊娠中期とは異なり胎盤を通じて胎児が薬の影響を受けやすくなるのです。この時期に風邪や体調の悪化を感じた場合は、自分で薬を選んで飲む前に、必ずかかりつけの産婦人科医などに相談しましょう。

TOPボタン