健康な赤ちゃんを生むために飲まないほうが良い薬【市販品でも要注意】

薬以外で気をつけるべき問題~妊娠中の酒とタバコによる胎児への影響~

妊娠中の女性が薬以外にも気をつけておくべきもの【タバコ編】

薬以外にも、胎児に悪影響を及ぼしてしまう要因は多くあります。健康的な赤ちゃんを生むために、妊婦さんが摂取を避けるべきなのはどのようなものでしょうか。

喫煙が妊娠中の方に与える影響

タバコの煙には大人の健康を害する成分が含まれていますが、お腹にいる胎児の場合、さらに大きな悪影響が及ぼされてしまいます。喫煙によって現れる症状といえば、ニコチンや一酸化炭素による血管の収縮や血中酸素濃度の低下です。胎児は胎盤を通じて母体の血液から栄養を得ているので、母体で血管収縮や血中酸素の低下が起こると、栄養や酸素の不足による疾患を持ってしまう可能性があるのです。喫煙による胎児のリスクとして挙げられるものといえば、早産や流産、低出生体重が挙げられます。脳や心臓に疾患を持って生まれる先天性異常も起こりやすくなるため、注意が必要となるでしょう。また、産後に赤ちゃんが何の前触れもなく突然死する「乳児突然死症候群」も、タバコの影響によって現れやすくなるため、喫煙は極力控える必要があります。

悪名高い副流煙の噂は本当だった

副流煙に含まれている有害物質は主流煙の倍(産婦人科のドクター)

妊娠中のタバコの害において、最も注意するべきなのが「副流煙」です。喫煙者がタバコのフィルターから吸い込む煙である主流煙に対し、副流煙はタバコの点火部から出る煙です。フィルター越しに体内に取り込む主流煙とは違い、副流煙は直接タバコの煙を吸い込むわけですから、副流煙の害は主流煙の数倍高い有害性があります。副流煙に含まれるニコチン量は主流煙のおよそ2,8倍、一酸化炭素は4,7倍です。たとえお母さんが吸っていなくても、近くに吸っている人がいれば自分で吸うよりも大きな害が及ぼされてしまいます。周りに喫煙者がいる場合は、近くで吸わないようにお願いしておくとよいでしょう。また、公共のお店や乗り物を利用する際にも、禁煙席を利用するなどして対策を行なうことが重要となります。

受動喫煙を避けるためには自らもアクションを起こそう(出産経験者)

私は元々タバコを吸う喫煙者だったのですが、妊娠を期に禁煙を行なうようにしました。タバコを止めてから気がついたのですが、タバコの煙はさまざまなところで出くわすものですね。喫煙・禁煙席が分けられていない小さな飲食店や、歩きタバコをしている人からの煙など、以前であればほとんど気にしなかったタバコの煙が気になるようになりました。特に私の周りでは、夫を始め友人も喫煙をするので、私がタバコを吸っていなくてもタバコの煙を吸ってしまうことが多いんです。副流煙による受動喫煙は、自分で吸うよりも問題だという話を聞いたため、私は夫や友人達に分煙をしてくれるようお願いしました。本人たちも私が妊娠中だということを意識していなかったらしく、私がお願いするとすぐに応じてくれました。薬であれば避けることはできますが、空気中に漂うタバコの煙を避けるのは難しいものです。妊娠中は、旦那さんを始め周りの人の分煙へ協力してもらうほか、外出先の店や乗り物で分煙や禁煙がなされているかといったことに気をつけましょう。

妊娠中の女性が薬以外にも気をつけておくべきもの【お酒編】

タバコ以外にも、妊娠中に気をつけるべきものといえば、お酒です。タバコ同様に多くの人が嗜好品として好むものですが、妊娠中は控える必要があります。

妊娠中にお酒を飲んではいけない理由

妊娠中に食べたものの栄養は赤ちゃんにも与えられます。妊婦さんがお酒を飲めば、血中のアルコールが赤ちゃんにも与えられる可能性があるため、問題となるのです。妊婦さんの飲酒によって現れる症状といえば、「胎児性アルコール症候群」です。この症状は、妊婦さんが習慣的にお酒を飲み続けたことで赤ちゃんに現れる先天性の疾患を指していわれます。主に現れる症状は、知能障害や形態異常、脳性小児麻痺、てんかんといった症状が挙げられます。妊娠の期間中に摂取したアルコールの量や、摂取をした期間によって、この胎児性アルコール症候群の症状の度合いは変わってきます。妊娠中以外にも、授乳期間中にアルコールを摂取することでも、赤ちゃんがこの症状に罹る恐れがあります。妊娠・授乳期間中の約2年間はお酒を飲むことは控えておきましょう。

妊娠中の飲酒に関する素朴な疑問

ちょっとだったら飲んでも平気?
専門書やサイトなどでは、コップの半分から一杯までの飲酒なら安全基準だといわれています。しかし、実際にはコップの半分に満たない、おちょこ一杯程度の量でも赤ちゃんが胎児性アルコール症候群に陥ってしまったこともあります。アルコールの許容範囲は個人差があるため、適量さえ守れば必ず胎児性アルコール症候群を回避できるとは限りません。安全基準には専門家ごとに意見が分かれるので、書籍や専門のサイトの情報だからといってすべて鵜呑みにするのは危険といえます。赤ちゃんへの影響をなんとしても避けたい場合、たとえ一滴でもお酒を飲むことは控えたほうがよいでしょう。
禁酒でストレスを抱え込まないようにする対処法は?
胎児性アルコール症候群を避けるためには、お酒を飲まないことに越したことはありません。しかしながら、いままでアルコールを飲むことが習慣化していた場合は、急に止めてしまうと大きなストレスが掛かってしまうため、かえって母体に大きな悪影響が及ぼされてしまいます。このような場合に行なえる対処法といえば、アルコールフリーのドリンクを飲むことでしょう。お酒を飲んだ気分になれるため、禁酒をすることでの精神的な負担を回避することができます。また、お酒以外ではタバコなどに関しても、電子タバコなどの悪影響のない代替品の利用が効果的です。電子タバコは香料の入ったリキッドを加熱し、タバコの煙のような水蒸気を出すことができる禁煙グッズです。体には無害であるため、タバコを吸いたいとする気分を紛らわせてくれます。禁酒や禁煙に関する商品は数多くあるので、妊娠を機に止めることに不安があるという人は、各商品についてチェックしておくとよいでしょう。

TOPボタン